昔、ガングロだった女子高生は今・・・

昔、ガングロだった女子高生は今はどうなっているのでしょうか。2000年代、90年代後半がギャルの最盛期でした。今回は、昔ギャルだった人が今どうなっているのかを紹介していきたいと思います。
2014年に日本のギャル系雑誌が消滅という話題が伝えられましたが、若い時にできて、実際に年齢を重ねることによりできないという問題は当たり前ですよね。
私の若いころもガングロが流行していて、わざわざ日焼けサロンなどに通っている人も多いのです。
実際に渋谷のセンター街には多くの人が集まっていましたが、今では溢れる人の若者が集まっていた場所には、黒髪の大人の少女たちが歩いているだけです。ギャル聖地ともいわれていた場所で、仲良さうな母娘が連れ立って買い物をしている空間になっています。
実際にギャルはいなくなってしまったのでしょうか。ギャルという言葉は女の子をイメージする意味でガールのアメリカのスラングの発音から生まれた言葉と言われています。
日本で使い始めたのは1970年代頃からで、当時はピチピチギャルやキャンペーンギャルなど若さ溢れるハツラツとした女性をいい表す言葉でした。
実際に昔ギャルだった女子は、今ではお母さんになっていると思います。今までこれほど持ち上がっていてギャル文化も、ブームがなくなってしまったのは、2009年ごろと言われています。
実際に、ギャル服を買いに行っていた場所も今では、店舗が入れ替わり今、渋谷に集まっている人たちは、サッカー日本代表を応援するサポーターたちです。また、ハロウィンで仮装をする人たちが多くなっています。
そこの集まっている人たちの格好はすっかりおとなしくなっていて、高いヒールも金髪のような明るい髪も、原色やアニマルプリントもほとんど見かける事がなくなってきました。
このようにしてみると本当にギャルがいなくなってしまったように感じますが、現在のギャルたちを取り巻く環境については、メディア側からギャル文化やファッションを主婦の友社に編集しています。
実際に、いつまでも同じようにギャルではいることが出来ず、今では良い思い出となっているという人も多いと思います。
昔の写真などを目にすることにより、今の自分とは別人と感じる人も多いと思いますが、年代により流行りなどが違ってきますので、それは仕方ないことだとも感じます。やはり未来は誰にも分からないものです→http://xn--n8jydm0e2es34v.net/